四国 旅行 おすすめ。 『ENJOY四国♪ 1泊2日の四国旅行を整えましたぁ! ~前編~』徳島県の旅行記・ブログ by PIER39000さん【フォートラベル】

2020年 四国地方で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

北海道・東北• 観光 JR四国では、「四国満喫きっぷ」シリーズ特別編として「四国満喫きっぷスペシャル」を発売します。 山深く、大変なところですが、脱藩した坂本龍馬は歩いて山を越えました。 ひろめ市場• 四万十川には「沈下橋」という増水時に沈むように作られた小さな橋が数多くかかっています。 1985年に開通した大鳴門橋はこの真上を通って淡路島と四国を結んでいます。 本当に、延々と山しかありません。 私は時間的に見れなかったのですが、小さい渦はいくつも見れました。 北海道・東北• 高知は皿鉢料理(さわちりょうり)が有名で、うっかり旅館に泊まるとやたらに皿鉢料理をすすめられます。

Next

家族で行きたい!“四国”の子どもが遊べるおすすめ観光スポット30選

来る友人達は自分が育った関東からが主なので、名所にしてもグルメにしても、関東近辺ならそこら中にありそうなものばかりで、遥々来てくれる友人が喜んでくれそうなものって何があるのかと(7年前はうどんブームの前です。 【旅行特集ページ】• 【愛媛県】久万高原 久万高原は愛媛県中央部に位置しており、標高が高く、カルスト地形がみられます。 小さいお子さんと行く場合は、特に厳しいです。 ただ、多少疲れる分、感動もアップです! 【グルメ 名物 】讃岐うどん 香川といったら、何といっても 「讃岐うどん」ですよね! おそらく「うどん」で食べログのランキングをチェックして、行かれる方も多いかと思います。 大鳴門橋 鳴門の渦潮• 私自身はまったく泳げないのですが、ライフジャケットを着けるので泳げなくてもとても楽しめました。 「約束の丘展望台」から眺めるエンジェルロード。

Next

中国・四国に行くならここ!おすすめの観光・旅行情報

そこで私は、高知県須崎市から国道197号で西へ進み津野山分署があるところから、四国カルスト「天狗高原」に行くルートを選択しました。 四国地方で検索数の多いキーワード• イルカに指示を出してジャンプをさせる トレーナー体験は 4歳から、イルカと泳ぐドルフィンスイムや浅瀬でイルカに触れるふれあい体験は 5歳から参加できるので小さい子どもがいてもしっかり楽しめます。 そして、色々試行錯誤して、行き着いたのはやっぱり「うどん」と「かつお」でした。 高知のおいしい地元料理や海産物からエスニック料理、さらにはバルやマルシェまで60を超えるお店が集まる「ひろめ市場」。 板と板の間のすき間に、自ら足を入れてしまうような気がするらしいです。 23 今度の休みは四国観光!自然が生み出した絶景からおいしいグルメ、お城や温泉など魅力が満載の四国。 うどんのうまみなんて、初めてです。

Next

四国旅行 JR四国ツアー(駅コミ)

コシの強い讃岐うどんの味わいも魅力的だ。 最大で直径15メートルにも達する大渦潮は、自然の力が生んだ奇観といえるでしょう。 山また山の四国山地も楽しみです。 四国各県にあるおすすめレジャースポットをご紹介しましたが、その他にも楽しい夏におすすめの場所は数多くあります。 高知パシフィックホテル 大人2名:6,400円• 九州・沖縄• 「ラフティングは大勢でわいわいやるもの」• こんぴらさんからは1時間ほど。

Next

四国旅行のモデルコース私流のおすすめはコレ!格安レンタカー付き

2021年5月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• それから、渓谷(大歩危小歩危:おおぼけこぼけ)では川下りが楽しめます。 エンジェルロード公園が隣接し、駐車場や売店も整備。 ホテル・旅館の予約 北海道• 頂上の「天狗高原」に着いたら、そこから西へ「姫鶴平」へと向かいます。 同級生です。 観光 JR四国全線の特急列車自由席を連続3日何度でもご利用いただける、フリータイプのきっぷです。 ・ 【香川県】おすすめスポット photo credit: Kentaro Ohno via 香川県といえば、 小豆島、 エンジェルロードが有名ですが、小豆島以外のおすすめスポットをご紹介します。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。

Next

中国・四国に行くならここ!おすすめの観光・旅行情報

カヌーや川下りを体験したあとに、おいしい川の幸を堪能する、というとても贅沢な体験ができます。 【まだある寄り道ガイド】 或いは、こんぴらさんを早めに出て、「脇町」という手もあります。 しまなみ海道 &【グルメ 名物 】伯方の塩ラーメン photo credit: mukarin via 徳島県側の大鳴門橋からも絶景ですが、しまなみ海道から四国入りするのもおすすめです。 特におすすめなのは「さんわ 伯方島本店」。 庶民の旅行が禁じられていた江戸時代、例外的に許されていた社寺参詣の旅の目的地として、金刀比羅宮と門前町は多くの観光客を受け入れてきました。 観光施設から探す• 「ひろめ市場」は香川県の讃岐うどんと同じで、行く日にち、時間によっては、人が多すぎて席が確保できません。

Next