れ っ こう の りゅう みゃく かく。 自覚症状がない!?破裂すると命の危険もある大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)とは

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)とは

息苦しい[息苦しい] 4• いんきょないねつ[陰虚内熱] 9• きょうふう[驚風] 20,45• かんろう[肝労] 70• けつれい[厥冷] 50• けんがいゆ[肩外兪] 250• けんぐう[肩髃] 244• は安全で再発の少ない方法だが、極まれ(0. げんき[元気] 33,52,170• いんこう[陰交] 241• INDEX• 一目瞭然 (いちもくりょうぜん)• きょうつう[脇痛] 45• 一身を捧げる (いっしんをささげる)• おんきゅう[温灸] 19,124• きたい[気滞] 36,37• ち 155• 勧百諷一 (かんぴゃくふういつ)• げこきょ[下巨虚] 246• 言文一致 (げんぶんいっち)• かげん[下元] 20,81• けいし[経刺] 31,48• 食道静脈瘤は出血しないかぎり症状がないので、慢性肝炎や肝硬変になった人は必ず定期的に内視鏡検査を受けてください。 きか[季夏] 42• がいきゅう[外丘] 260• がいけつ[咳血] 24,123• し 82• がいせつ[外泄] 23• 碧落一洗 (へきらくいっせん)• かぜをひきやすい[風邪を引きやすい] 20• けいこつしんけい[脛骨神経] 317• こうよう[合陽] 253• 食道壁内の静脈がふくらんで数珠(じゅず)玉のようにつながったもので、やぶれると大出血(吐血、下血)を起こして生命がおびやかされることがあります。 一挙両失 (いっきょりょうしつ)• 水天一碧 (すいてんいっぺき)• けんり[建里] 241• げしょう[下焦] 47,79• きけつ[気穴] 255• 一つ穴の狢 (ひとつあなのむじな)• こくき[穀気] 76• 眼の見え方が悪くなる 視力低下 急性緑内障発作でも似たような症状が見られるので、気になったときは眼科、脳神経外科の両方を受診しましょう。 初期の治療法には圧迫法(弾性ストッキング着用など)、マッサージ法の保存的治療法がある。 きか[気化] 35• がんめんつう[顔面痛] 30• 日消誌 88: 1459, 1991. おこりじょうご[怒り上戸] 17• 治療方法は3つあり、通常は脳血管内治療が主体となります。 あおそこひ[青そこひ] 2• ごこつ[巨骨] 244• かんりつ[寒慄] 28,196• かねつ[火熱] 21• きょう[驚] 38• 一家眷属 (いっかけんぞく)• 正直は一生の宝 (しょうじきはいっしょうのたから)• 一笑を捧げる (いっしょうをささげる)• けつぼん[欠盆] 245• 歯状線(しじょうせん)の乳頭(にゅうとう)部分が肥大して隆起したもの。

Next

急性大動脈解離(きゅうせいだいどうみゃくかいり)

けったい[血滞] 50,79• きれい[喜冷] 42• あぜけつ[畦穴] 2,3• かゆうみゃく[蝦游脈] 22,84• 一紙半銭 (いっしはんせん)• 一飯之恩 (いっぱんのおん)• 九仞の功を一簣に虧く (きゅうじんのこうをいっきにかく)•。 一点一画 (いってんいっかく)• げきもん[郄門] 256• 大海の一粟 (たいかいのいちぞく)• けっしん[欠伸] 129• こうしょう[哮証] 135• 一闔一闢 (いっこういちびゃく)• 脳につながる血管に血液が流れなくなれば失神や記憶障害などを起こし、足につながる血管に血液が流れなくなれば足に激痛を引き起こします。 く 46• 千載一遇 (せんざいいちぐう)• あしのようめいいけい[足の陽明胃経] 235,244• は 170• いせつ[胃泄] 5,58,130• くうつう[空痛] 8,47• きがふさぐ[気がふさぐ] 30• がかんきんきゅう[牙関緊急] 22• かんうつきぎゃく[肝鬱気逆] 26• 一国一城の主 (いっこくいちじょうのあるじ)• かんき[悍気] 27• きもん[箕門] 248• 一路順風 (いちろじゅんぷう)• 面目一新 (めんもくいっしん)• 一種一瓶 (いっしゅいっぺい)• いんしょう[飲証] 37• た 150• おこり 17• かったい[滑苔] 132• 一毛不抜 (いちもうふばつ)• こけつ[巨闕] 241• げっけつ[郄穴] 51,69• けっかん[血寒] 37,50• 寵愛一身 (ちょうあいいっしん)• いん[陰] 9,204• やなどでは肝臓がかたくなって、門脈の流れがわるくなり、門脈圧が高くなります。 ふ 185• 一分一厘 (いちぶいちりん)• かんおう[乾嘔] 27,128• きけつべんしょう[気血弁証] 190• あ 2• うっけつ[鬱血] 13• 一刀両断 (いっとうりょうだん)• あしごり[足五里] 262• いしゃ[意舎] 253• あせ[汗] 2,3,120,151,166• 一服盛る (いっぷくもる)• いんようへんせい[陰陽偏盛] 12• おくび 17• ききゆ[気消ゆ] 38• 万緑一紅 (ばんりょくいっこう)• かんけっきょしょう[肝血虚証] 141• きょくち[曲池] 244• 東洋医学の特色 218• 一言芳恩 (いちごんほうおん)• 一旗揚げる (ひとはだあげる)• けんうん[健運] 51• きょっかんじんたい[棘間靱帯] 286• 一人当千 (いちにんとうせん)• いききょそん[胃気虚損] 5,147• こうこく[合谷] 243• この治療だけで治すことが困難な場合は、開頭手術や定位放射線治療を組み合わせることがあります。 治療の基本は静脈にたまった血液をとることです。 かんいんきょしょう[肝陰虚証] 141• 一顧傾城 (いっこけいせい)• 一月三舟 (いちがつさんしゅう)• おなかがさしこむようにいたむ[お腹が差し込むように痛む] 17• 心臓から流れる血液は、この大動脈から頭や腕、下半身に流れる動脈へと枝分かれしていきます。 茶腹も一時 (ちゃばらもいっとき)• きつおん[吃音] 42• 日本では年間1万1千人が発症し、治療を受けられるのはわずか4000千人ほどで、6割以上もの人が病院に着く前に亡くなっています。

Next

医学用語(分類_解剖)

きゅうこん[灸痕] 43• きょじつてんか[虚実転化] 44,176• けいれん[痙攣] 45,49• ま 196• 言行一致 (げんこういっち)• おんようえきき[温陽益気] 19• 一難去ってまた一難 (いちなんさって)• 一族郎党 (いちぞくろうとう)• 一刻も早く (いっこくもはやく)• きょみゃく[虚脈] 32,45,137,210• か,くゆ[隔兪] 252• いちゅう[委中] 253• かくぶつきゅう[隔物灸] 25,124• けいけつ[滎穴] 48,66• きんもん[金門] 254• かんねつのしんか[寒熱の真仮] 174• いへき[痿躄] 7,83,170• かじゅ[瘕聚] 20,85• 一知半解 (いっちはんかい)• こうしん[毫鍼] 32• えんかいないきん[円回内筋] 292• けつりん[血淋] 51,209• うんもん[雲門] 242• いしょう[異証] 7,127• 一諾千金 (いちだくせんきん)• 一世之雄 (いっせいのゆう)• えいめい[翳明] 269• かっけ[脚気] 2,25,27,97• かんぽう[汗法] 29• きかん[気関] 35• くんしゅのかん[君主の官] 47,88• こうつうしんじん[交通心腎] 74• 一望千里 (いちぼうせんり)• かんようじょうごう[肝陽上亢] 27• かんさんじゅつ[管散術] 29,95• かんたんかおう[肝胆火旺] 26• こきゅうすう[呼吸数] 70,149,153,197,198,208• しかも現在その原因は完全には解明されていません。 一行三昧 (いちぎょうざんまい)• かんひふわがたせっしゃ[肝脾不和型泄瀉] 131• 一方通行 (いっぽうつうこう)• 夕方に目立ちますが、一晩寝ると朝には消失していることがほとんどです。 おんる[温溜] 243• 付録2 経穴一覧 233• 眉間一尺 (びかんいっしゃく)• けつみゃく[結脈] 32,51• きひ[肌痺] 42,63• きょくちょく[曲直] 46,55• きけいはちみゃく[奇経八脈] 39,109,151,166,204• こきゅう[呼吸] 191• きょり[虚里] 45• げしょう[下消] 47,79,106• 2018年12月7日閲覧。 肛門陰窩(こうもんいんか) 歯状線(しじょうせん)を形成している肛門内の小さなポケット状のくぼみ。 一朝一夕 (いっちょういっせき)• 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 (きくはいっときのはじきかぬはいっしょうのはじ)• と 161• おんい[温胃] 18• 役者が一枚上 (やくしゃがいちまいうえ)• こうけい[後渓] 250• 無意識のうちに働く内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)と、自分の意思で動かせる外肛門括約筋(がいこうもんかつやくきん)がある。 う 13• いんちゅうのよう[陰中之陽] 11,177• おそ[悪阻] 18,158,166• 「一」は、左から右に、しっかりと書きましょう。

Next

東洋医学ポケット用語集 :知りたいこと、いっぱい!/2013.4.

本人が話せない場合でも、周りにいた人がそのときの症状を医師に説明出来れば、診断のときに大きな助けとなります。 えきえいけつべんしょう[衛気営血弁証] 14,15,38,51,161,191• 終始一貫 (しゅうしいっかん)• あんきょう[按蹻] 4,122• いねつ[胃熱] 147• こうけいこつきん[後脛骨筋] 302• いんしょくふせつ[飲食不節] 12• 一字不説 (いちじつふせつ)• 一寸先は闇 (いっすんさきはやみ)• 付録3 こり・痛み・しびれの検査と有効穴 273• きりん[気淋] 39,309• おくろうじゅつ[屋漏術] 18,94,171• きかいきゅう[機械灸] 124• ごうん[五運] 53• かんがい[肝咳] 26• えいふう[翳風] 258• 一年の計は元旦にあり (いちねんのけいはがんたんにあり)• いんぽう[陰包] 262• 一筆抹殺 (いっぴつまっさつ)• げっぷ おくび 47• けっしつ[血室] 50,53• 手術療法(しゅじゅつりょうほう):PPH 痔核(じかく)の手術方法のひとつ。 桂林一枝 (けいりんのいっし)• きかさよう[気化作用] 34,35• に 165• えづ[暍] 16• あきれすけんはんしゃ[アキレス腱反射] 318• アドソンテスト 308• い[恚] 5• 小姑一人は鬼千匹に向かう (こじゅうとひとりはおにせんびきにむかう)• おろ[悪露] 18• 一を聞いて十を知る (いちをきいてじゅうをしる)• かたんきょしつ[化痰祛湿] 21• 一世を風靡する (いっせいをふうびする)• きゃくしょう[客証] 42,101• おんつう[温通] 19• きゅうのほしゃ[灸の補瀉] 192• いんきょちじつ[因虚致実] 176• うんけい[温経] 13,18• 側方皮下内括約筋切開術(そくほうひかないかつやくきんせっかいじゅつ)(lateral subcutaneous internal sphincterotomy:LSIS) 肛門の皮膚を切開して、狭くなった内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)を浅く切り、肛門を広げる手術。 ぎょくちん[玉枕] 251• あたまがいたい[頭が痛い] 2• きょたん[祛痰] 44• あ[痘] 2• 現在は、予防的な治療が行われている。 。 。

Next

無心で文字打ちマン

。 。 。 。 。 。

Next

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)とは

。 。 。 。 。 。 。

Next